武道ライター山里栄樹のブログ

武道ライター山里栄樹の個人的なブログです

山里、文才について語る

新型コロナのパンデミック第四波も、どうにかピークアウトを迎えつつあるようですな~ ワクチン接種も徐々に進んでいるようで、混沌としたコロナ禍のなかで一筋の光明が差し込めてきたような気がする今日この頃であります。
 さて、今回は“文才”というものについて小生の思うところを語ってみたいと思います。
 物書き文士稼業にとって文章を創作する才能=文才は、実に重要な素養なのであります。しかしながら、生まれながら備わっている天賦の才としての文才を持ち合わせている文筆家は極めて少ないのでありますな。これも武道武術と同様に様々な修養と習練を重ねた果てに開花するものなのであります。

 小生に関して言えば、天賦の文才などひとかけらも持ち合わせていなかったと言っても過言ではありません。小学生の頃は文章を書くより絵を描いて表現する方が得意でありまして、夏休みの宿題の読書感想文は苦行を通り越して拷問だと感じてましたな。社会人になっても、事故報告書や始末書などミスしたときに課せられる長々と文章を書かなければならないというペナルティーだと感じておりました。
 ただ、たくさん本を読むということは小学生の頃からの習慣でありまして、歴史小説や時代小説を中心に世界情勢のドキメンタリーなどを多読乱読しておりましたな。出掛ける時は新書本や文庫本を持ち歩き、寝る時は枕元に何冊かの本が置いてあるというのが若い頃からの小生の習慣でありました。
 こうした多読乱読によって多量の語彙・文章のフォーマット・様々な表現技巧といった膨大なインプットが行われ、知らず知らずのうちに小生のなかに文才なるもののベースが徐々に育まれていったようなのでありますな。
 文芸の世界では、心血を注いで執筆された文芸作品には作家の魂が宿っているといわれております。さらに、文芸作品には作家のDNAが組み込まれており、作家自身が亡くなっていても作品とともに遺伝子の一部が生き続けるとまでいわれております。著述作品の著作権が著者の死後50年存続し続けるというのも、こう考えると頷けますな。
 つまりは、読み手となる読者にも作家の魂とDNAは受け継がれるのでありまして、複数の作家や著述家の文芸を多読乱読すれば、より多くの魂とDNAを知らず知らずのうちに読者が取り込む=ダウンロードすることになります。それらが融合・結実して、さらにカスタマイズされて個々の“文才”として育まれるのではないかと、小生は考えるのでありますな~

 とまぁ~文才のみならず、音楽的な才能もまた然り!リスペクト(敬愛)する先人アーテストの楽曲を聴き惚れてきた後進のシンガー・ソングライターたちは同一の旋律と同様なメロディーを紡いで新たな楽曲を創り出すのでありますな。これは単なる影響ではなく、人の成長とともに育まれてきた独自の才能=音楽センスなのでしょうな~

 

www.youtube.com

あいみょん『君はロックを聴かない』

平成生まれのデジタルネイティブ世代のアーティストが歌う楽曲だが、なぜか昭和のフォークソングを感じる。あいみょんの音楽センス=才能は、幼少期に聴いていた浜田省吾の楽曲で育まれたようである。新しくて懐かしい~馴染み深くて聴き惚れる山里ノリノリの一曲!

 

www.youtube.com

浜田省吾『もう一つの土曜日』

"浜省”と言えばこの曲!あいみょんは幼い頃、両親が聴いていた"浜省”の

楽曲に多大な影響を受けて独自の音楽センスが開花したといわれている。

 

www.youtube.com

YOASOBI幾多りら カバー『君はロックを聴かない』

大人気の楽曲『夜に駆ける』で大ブレイクした音楽ユニットYOASOBIのイクラこと幾多りらが自身のインスタライブでカバー。単なる楽曲カバーではなく、独自の音楽センスで歌い込まれており、昭和生まれのオジサンたちのハートを鷲掴みする。なんと2000年生まれのZ世代のイクラちゃん!恐るべし‥

 

 

yamazato1966.livedoor.blog

plaza.rakuten.co.jp

budojapan.com

webhiden.jp

 

 

 

 

山里の好む音楽‥

 度重なるウイルス変異株の蔓延により新たな局面を迎えつつあるコロナ禍、読者の皆様はご無事でお過ごしのことと存じます。

  さて、今回は小生の音楽の趣味について語ってみたいと思います。

 古来より武道武術と歌舞音曲とは深く関わり合ってきました。日本武道における“拍子”や“間”といった概念は能楽などの伝統芸能から流入したものであります。さらに呼吸や気合にも謡曲や詩吟での発声方法と類似するノウハウが見られます。

 また、楽器を奏でることと武器を操ることは同じ要素を多分に含むスキルであるといっても過言ではありません。起承転結のストーリーを奏でる楽曲には、状況想定と理合に沿って攻防が展開する武道武術の形(型)との同一性を感じさせます。

 少年時代より武道武術の修行に明け暮れていた小生、同世代の少年たちと同様に音楽にも親しんでおりました。特にクラシックや映画音楽を好み、当時流行した歌謡曲などもラジオで視聴しましたね。独学ですが生家に置いてあったピアノで70年代の洋楽ポップをよく弾いたりしていました。

 二十代の頃は、友人たちとスナックでカラオケに興じることも嫌いではなかったですね。当時は、職場の上司や同僚との付き合いにカラオケは必須なのでありました。まあ、右肩上がりの昭和の好景気、さらにはバブル景気と続いていて、なにかと宴席を設けてはカラオケに興じることも仕事の延長なのでしたな‥

 勤め人を辞め個人事業者の外注ライターに転職してからは、仕事関係の宴席でカラオケに興じることもめっきり減って、執筆作業のBGMにお気に入りの楽曲を流して聴いておりました。たまの気晴らしにカラオケボックスで独りカラオケに興じることもありましたね。

 今は、自室のPCでYOUTUBEを視聴しながら最新のカラオケに興じております。といっても大音量で大声を張り上げて歌い込むのは近所迷惑なので、ヘッドホンを装着して楽曲に合わせて発声を抑えたシャドーウイング(語学の同時復唱トレーニング法)で静かに楽しんでおります。これは古流武術では高等技法とされる気息のみでの無声気合“含み気合”と相通じるものがありますな~

 長引くコロナ禍でカラオケが忌避されておりますが、独り静かに楽しむ方法がないわけではないのでありますな~

 

www.youtube.com

    山里が少年期から青年期にかけて好んで聴いた楽曲『オネスティー

 

www.youtube.com 

  ここ数年、山里がカラオケで得意とする楽曲『雪の華

 

www.youtube.com

山里が長年カラオケで歌い込んできた楽曲『人間の証明 テーマ曲』

 

yamazato1966.livedoor.blog

plaza.rakuten.co.jp

budojapan.com

webhiden.jp

 

あらためてライトノベル作家の華原美雲氏を紹介します!

 未だ緊急事態宣言下にある9都道府県、東京五輪開催の是非についての論議が一層高まりつつある日本列島。長く続くコロナ禍で疲弊されておられる読者も多いかと存じますが、今暫く感染拡大防止に努めてまいりましょう。

 さて、例によって小生はライトノベル作家の華原美雲氏と夜な夜な電話にてリモート談議に興じております。今回は、華原氏のプロフィールの一部をあらためてご紹介したいと思います。

 華原氏は、2019年2月にAmazonオンデマンド(ペーパーバック)からファンタジー小説『聖戦記・レジェンド オブ サト』を出版して作家デビューされました。オンデマンドとは従来の出版方法とは全く異なる新しい出版システムで、購読者は書店の店頭ではなくネット注文で購入することになります。つまり、出版業者は注文された部数のみ本を増刷して購読者に提供するという効率的な書籍販売の仕組みなのでありますな~

 なんと華原氏は、デビュー作を発表して僅か一か月後に第二作目のファンタジー小説『背徳のアリア』をAmazonオンデマンドから出版しております。デビュー当初より破竹の勢いで創作を推し進めてきた新進気鋭のノベリスト(小説家)なのであります。現在、三作目の出版が着々と進められているようですが、同時に四作目の作品構想が固まりつつあるとのことです。

 小説家としての創作活動は数年前に始めたという華原氏、紙とペンによる昔ながらのアナログな執筆作業にこだわっていたようですが、最近はPCによるデジタルな執筆作業に切り替えつつあるとのことです。「できることなら、若くて可愛い女性アシスタントに文章データ入力や校正・校閲をやってもらえたら嬉しいなぁ~」と本音をこぼしておりました。そこは同じアナログ世代の小生も全く同感ですな。

 また華原氏には、打撃系の新興武道の創始者という側面もあります。少年時代から伝統派空手やフルコンタクト系空手の修行に励み、それ以後は様々な武道武術の修養研鑽にのめり込んできたという経歴の持ち主です。いつしか武道武術の探求は生涯をかけたライフワークとなったという文武両道の武道家なのでありますな。

 現在、華原氏は打撃技法に特化した新たな日本武道の創設に精力的に取り組んでいます。その新たな武道は‟空流打拳術”と名付けられ、幾多の試行錯誤が重ねられ体系編纂が進められております。まさに華原氏が今まで続けてきた武道探求の集大成と言える大事業なのでありますな。

 華原氏は、「一撃必活 打拳救済」の理念のもとに‟空流打拳術”のノウハウで世の中に有用となる人材育成と人材再生に活用していきたいと今後の抱負を語っておりました。

 

f:id:yamazato1966:20210531234810j:plain

   YOUTUBE華原美雲チャンネルにて武道パフォーマンスを披露する葉原氏

 

華原美雲氏のTwitter

 

 f:id:yamazato1966:20210531235429j:plain  f:id:yamazato1966:20210531235537j:plain

Amazonオンデマンド(ペーパーバック)から出版されている華原氏の2作品

 

 

yamazato1966.livedoor.blog

plaza.rakuten.co.jp

budojapan.com

webhiden.jp

“ワールド・ウォーV”の到来!もはやコロナ禍ではなくウイルス世界大戦に‥

  様々な変異株の流入により感染拡大を余儀なくされている日本列島でありますが、読者の皆様は御無事でおられますでしょうか。
 日本各地ではワクチン接種が行われておりますが、その進捗状況が遅く感じるのでありますな‥「公平、平等」の原則で接種を進められていることは大変結構なことですが、政府は日本全国同じような要領で一律に実施することにこだわっているようですな‥地域により事情が異なるので、接種が早く進んでいる地域や都市はスケジュールをどんどん前倒しにして実施していただきたいものですな。
 さて、5月24日に行われた世界保健総会の開会式において、アントニオ・グテーレス国連事務総長は「我々はウイルスと戦争をしているんだ。戦時体制の論理と緊急性が必要だ!」と力説しています。事務総長は23日にも、「新型コロナウイルスパンデミックから紛争地域の脆弱な市民を守るため、全世界での即時停戦を!」と世界のあらゆる紛争当事国に呼び掛けております。
 つまり、人類が今置かれている状況は人間同士がいがみ合う局地紛争を遥かに上回るウィルスと人間との世界大戦“ワールド・ウォーV”に突入しているということなのであります。現に、中東ではイスラエルパレスチナによるガザ地区での大規模な戦闘は早期に停戦しております。停戦合意には米国やエジプトなど諸外国の影響力が大きいと報道にありますが、パンデミックの実情が戦災以上に深刻であることを紛争当事者たちが真摯に受けとめての最も妥当な判断なのです。まさに映画『ワールド・ウォーZ』(2012年製作、米国)のワンシーンを彷彿させる出来事なのであります。
 お上は事あるごとに「緊急事態宣言!」を発令しておりますが、小生にはこれが平安時代陰陽師が唱える「悪鬼退散、急々如律令!」と聞こえてくるのであります。度重なる緊急事態宣言は国民に向けてというより新型コロナウイルスに向けて発令しているのでは?とさえ思えてしまうのでありますな‥
 ウイルスとは和平交渉も停戦合意もできません。病原体ウイルスは種の存続のため人間を侵略して時として死に至らしめる人類にとっては最大にして最悪な敵でしかありません。平和ボケのはてに非現実な理想論で表面を取り繕うしか能のない国家と世界に揶揄される日本も、今は本音と本気で臨むしか手立てはありません。「総力戦で殲滅あるのみ!」‥
 「緊急事態宣言!これより有事の戦時体制を布く。日本の総力を挙げて敵に対処すべし。各自最善を尽くされたし、以上」、こう発令してくれるリーダーがいてくれると小生は潔く“ワールド・ウォーV”に身を投じることができるのであります。

 この戦時下で、オリンピックなんかやってる場合なのかな?‥

 

f:id:yamazato1966:20210525033231j:plain

映画『ワールド・ウォーZ』2012年製作・米国。謎の伝染病によりゾンビ化する人類、この映画ではウイルスがゾンビとして分かりやすく描かれている。逃げても追ってくる病原体ウイルスに感染したゾンビ。人類には立ち向かうしか生き残る術はない‥

【映画紹介youtubeワールド・ウォーZ(2012年製作アメリカ)

www.youtube.com

 

yamazato1966.livedoor.blog

plaza.rakuten.co.jp

budojapan.com

webhiden.jp

 


 

 

山里、武蔵の『獨行道』に思う‥

 コロナ禍の昨今、甚大な感染拡大により日本各地では厳戒態勢の日常が続いております。

 高齢者へのワクチン接種も行われておりますが、様々な混乱を引き起こしてなかなか順調に進んでいないようですな‥日本が集団免疫を獲得するのはまだまだ先の話のようでありますな。

 さて、例によって小生は夜な夜なライトノベル作家の華原美雲氏とリモート談議に耽っております。先日、華原氏から宮本武蔵の『獨行道』について解説を求められました。華原氏が昔観た時代劇の主題歌に“獨行道”というフレーズが印象深く聞こえたとのこでして、詳細を知りたいとのことでした。

 剣豪の宮本武蔵が最晩年に書き残した処世訓が『獨行道』であります。21箇条の訓示により構成されており、愛弟子の寺尾孫之丞に宛てた形で書き記されています。日付は正保弐年(1645)五月十二日とあり、これを病床で書き記した七日後に武蔵は臨終を迎えました。

 『獨行道』は、武蔵が後進たちに残した遺言なのでますな。天下泰平の世に兵法者(武道家)として如何に生きるべきかを説いたものなのであります。その根底には、沢庵禅師から授かった心法の教えが如実に感じられます。「道を究めようと志す者は、一つ所に心を捉われてはならない!」

 混沌としたコロナ禍の時勢、『獨行道』を読み返すと一筋の光明が見えてくるのでありますな~  

           『獨行道』 宮本武藏 

一、世々の道をそむく事なし  (世の中の道に外れることはしない)

一、身にたのしみをたくます  (自分の楽しみを優先させない)

一、よろつに依怙の心なし  (何事にも依怙贔屓する心を持たない)

一、身をあさく思世をふかく思ふ  (自分のことは浅く、世の中のことは深く考える)

一、一生の間よくしん思わす (一生涯、欲望に捉われないように生きる)

一、我事におゐて後悔をせす (自分の行いを後悔することなく生きる)

一、善惡に他をねたむ心なし (善悪の判断で他人を妬む心を持たない)

一、いつれの道にもわかれをかなします (どんな場合でも別離を悲しまない)

一、自他共にうらみかこつ心なし (自分のこと他人のことを恨むことはない)

一、れんほの道思ひよるこゝろなし (恋慕の情に心を捉われない)

一、物毎にすきこのむ事なし (華美な趣味道楽を好まない)

一、私宅におゐてのそむ心なし (自分の住居に執着しない)

一、身ひとつに美食をこのます (必要以上の贅沢な美食を好まない)

一、末々代物なる古き道具を所持せす (伝来の家宝となる高価な骨董品は持たない)

一、わか身にいたり物いみする事なし (不吉なものを避けることはしない)

一、兵具は各別よの道具たしなます (武具は別として、他の道具はこだわらない)

一、道におゐては死をいとわす思ふ (武士道においては死を覚悟して臨む)

一、老身に財寶所領もちゆる心なし (老齢になり、財宝や領地に執着しない)

一、佛神は貴し佛神をたのます (神仏は貴く敬うが頼らない)

一、身を捨ても名利は捨てす (命は捨てても名誉は捨てず)

一、常に兵法の道をはなれす (常に武道武術の道を離れない) 

 

    f:id:yamazato1966:20210516013230j:plain

         剣聖 宮本武蔵玄信

 

yamazato1966.livedoor.blog

plaza.rakuten.co.jp

budojapan.com

webhiden.jp

 

山里、華原美雲氏とリーモート談義

 コロナ禍でのゴールデンウィーク、皆様いかがお過ごしでしょうか。

 小生、引き続きスティホームに勤しんでおります。しかし、この非常事態の最中に街角の路上で酒盛りしたり、友人と連れ立って大挙して観光地に押しかけたりする人々がかなりの数おられるのですな‥どうか連休中は家に引き篭っていていただきたい!

 さて、小生が会報主筆を務める古流武術文化研究會の古参会員であるライトノベル作家の華原美雲氏と、夜な夜な電話にてリモート談議に興じております。

 ここ数か月のあいだ新たな作品の構想に行き詰っていた華原美雲氏、最近になってアドラー心理学に関する本を片っ端から読み漁って、創作活動の停滞期を一気に抜け出そうという試みに専心されているようです。

アドラー心理学(個人心理学)では、目的論・個人の主体性・全体論・社会統合論・仮想論という5つの基本前提に基づいて、個人をそれ以上分割できない全体としての個人ととらえます。そのうえで、人は自らの心身を用いて個人の持てる創造力と創造性を駆使して目的に向かって行動しているとされています。

 当初、創始者のアルフレッド・アドラーフロイトとともに研究を行っておりましたが、その学説はフロイトの理論とは大きく異なり、特徴としては苦しみの原因を過去のトラウマに求めないことなどがあげらます。小生が若いころ大学で勉強したフロイトユングの心理学とは全く違い、心をミニマムに扱うのではなく個人と社会という大きな観点でマキシマムに扱うという心理学の系統のようです。

 これは武道武術でも、人の心というものを個人のみならず相手(敵)との関係性など全体的に大きくとらえて技や術理を探求していくことにおいては共通性を感じさせます。また、兵法での心の用い方を説いた沢庵禅師の著書『不動智神妙録』にある「前後際断」には、過去と今を切り離すことが心をより安定させる方法であり、過去にとらわれない心が最善であるとされています。古来より「心技体」や「心身一如」を前提として心を練磨する武道武術とアドラー心理学とは実に相性のいい間柄と言えます。

 創造性や想像力を重視するアドラー心理学は、小生のような物書きをはじめクリエィティブな職種に従事する人たちに有用なのかもしれませんな。華原美雲氏の今後の創作活動に大lに期待したいところであります。

    

 f:id:yamazato1966:20210501182902j:plain

ルフレッド・アドラー(1870年~1937年)、オーストリア出身の精神科医、心理学者、社会理論家。アドラー心理学として知られる個人心理学の創始者

 

ライトノベル作家 華原美雲氏のTwitterです↓

twitter.com

 

 

yamazato1966.livedoor.blog

plaza.rakuten.co.jp

budojapan.com

webhiden.jp

 

 

 

 

 

山里、ライター稼業25年目を迎えて

 桜前線が北上する春爛漫の季節となりましたな~ しかし、世の中はコロナ禍の渦中にあり、不穏な空気が漂い続けております。

 さて、この春で小生のライター稼業も25年を迎えました。この四半世紀の間、貧乏文士の物書き稼業を細々と続けてきたのでありますな‥ もともと文筆業とは全く関係のない仕事をしてきた小生が、25年前の春に勤めていた会社を辞めて個人業者であるフリーランスのライター(雑誌記者)として某武道専門誌で記事執筆を始めたのであります。当初は、ほとんど実名で活動しておりましたね。

 ワープロとアナログ一眼レフカメラを引っ提げて、気の合う編集者とチームを組んで取材執筆に勤しんでいた日々が懐かしく思い起こされます。いくつかの副業を掛け持ちして生計を立て、夜昼なく働いていた多忙な日々でありました。

 いきなり勤め人からフリーランスの個人業者に転身すると、周りの人々からは「時間の融通が利く自由人」と思われて、何かと頼まれ事が次から次へと舞い込むのでありましたな‥「そんなに暇じゃないのになぁ‥」と思いながらも、ついつい引き受けてしまう小生なのです。お蔭で貧乏暇なし、本業は開店休業状態‥

 その後、古流武術文化研究會を立ち上げたり、武道団体の広報担当を委嘱されたり、いろいろと紆余曲折を経て現在に至っております。今や紙メディアの専門雑誌からネット上での文筆活動に完全移行しつつありますな‥

  コロナ禍の昨今、ネット上では罵詈雑言はもとより様々な流言飛語が飛び交っております。お伽噺の都市伝説を実しやかにに語るカルト陰謀論者が跋扈しておりまして、免疫のないデジタルネイティブ世代の若年層に多大な悪影響を及ぼしております。これは捨て置けませんな!

 古来より疫病が蔓延すれば、人々の健康を損なうだけにとどまらず、あらぬ噂や妄言が流布され人心を搔き乱して社会混乱を引き起こます。この混乱に乗じて世の中をさらに攪乱して悦に浸るという実に不届きな輩も多々おります。

 論語の一節「君子、怪力乱神を語らず」には、不確かなこと、怪しげなこと、計り知れない不思議な現象や存在などは軽々しく口にすべきではないと説いております。それらを嗜好したければファンタジーなフィクション世界の中だけで同好者同志と心行くまで存分に楽しんでいただきたい!

 リアルとフェイクが交錯する混沌としたネット社会において、プロのライターが果たすべき役割は実に大きいと思うのでありますな。物書きの端くれであります小生も、微力ながらその一助となれるように文筆活動に勤しんでまいりたいと存じます。

 

       f:id:yamazato1966:20210405133944j:plain

 

f:id:yamazato1966:20210405134031j:plain

山里は1996年春頃から武道専門誌の月刊『秘伝』誌上でライター稼業を開始

 

yamazato1966.livedoor.blog

plaza.rakuten.co.jp

budojapan.com

webhiden.jp